教育目標と三つの方針

【教育目標】

栄養学科は、建学の精神に則り、人間教育を重視し、専門職としての意識が高く、責任感と行動力に優れた栄養士の養成を目指しており、下記の3項目を教育目標に掲げている。

 栄養士が果たすべき専門領域に関する基本となる能力を養う。

 栄養士に必要とされる知識、技能、態度および考え方の総合能力を養う。

 栄養の指導や給食の運営を行うために必要な能力を養う。

学位授与方針 (ディプロマ・ポリシー)

本学は、「人間性豊かな知性人、誠実で信頼性のある有能な職業人の育成」を目標に、多様化した現代社会の中で、広い視野と深い専門知識に裏打ちされた職業人としての資質を備えられるよう教育活動を展開している。 よって、教育目標に掲げる事項及び下記の能力を身につけ、かつ所定の単位を修得し卒業試験に合格した者に卒業を認定するとともに短期大学士(栄養学)を授与する。

 食を科学的に学び、食事づくりをとおして人々の健康増進を支援できる資質・能力を身につけた者

 専門職としての高い意識、責任感、行動力、専門性、さらに、多様化した現代社会に対応できる判断力、思考力を身につけた者

 他者と協働するために必要とされるコミュニケーション能力を高めようという意欲を持つ者

 社会・地域・組織の一員としての役割を果たそうとする熱意・意欲をもつ者

卒業に要する最低単位数

卒業に要する最低単位数は、基礎教育科目10単位以上(必修3単位、選択7単位以上)、専門教育科目52単位以上(必修24単位、選択28単位以上)合わせて62単位以上とする。

卒業試験

本学は、卒業生として必要な知識・技能が身についているかを確認するため卒業試験を実施する。本試験の合格は、ゼミナール(卒業必修)の単位認定の必要条件である。

栄養士免許の取得要件

本学において栄養士免許を取得しようとする者は、資格取得に関わる最低履修基準の50単位を含めて卒業要件単位を取得することが必要である。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

本学の教育課程は、建学の精神に則り、教育目標を達成するため、学位授与の方針に沿って「基礎教育科目」と「専門教育科目」の2つの基本的枠組みで構成し、課外における活動を含めて体系的な編成とする。

  1. 基礎教育科目は、キャリア形成のための教養と豊かな人間性を養うとともにリメディアル教育を含めて専門教育への円滑な導入を図ることをねらいとする。
  2. 専門教育科目は、栄養士に求められる知識・技能・態度・考え方の育成に結びつく「講義」「演習」「実験」「実習」など多彩な学修形態を織り交ぜて 体系的に編成する。
  3. 栄養士としての資質の向上を図るとともに、自ら課題を発見して解決する能力やコミュニケーション能力など社会人に求められる人間力の育成を目指して、正課の授業のほか、学生が主体的に参画する課外の諸事業を織り交ぜて教育プログラムを展開する。

【教育目標に基づく学修成果の到達目標】

〔知識〕:学生は、在学中に下記の事項ができるようになること。

  1. 健康と栄養の関係についての基本的知識を身につける。
  2. 各科目の基礎的な事項について理解する。
  3. 他の科目と関連づけて理解することができる。

〔技能〕:学生は、在学中に下記の能力を身につけること。

  1. 必要な事項を、口頭や文章で明確に表現することができる。
  2. 食品の栄養などの分析に関する基礎的な技能を身につける。
  3. 給食の運営に係る技能を身につける。
  4. 献立作成能力を身につける。
  5. 他者へ衛生の指導ができる能力を身につける。
  6. 主体的に課題を発見し、解決する能力を身につける。
  7. 調理技術を磨き、現場で指示できる技能を身につける。
  8. さまざまなリテラシーの能力を身につける。

〔態度〕:学生は、在学中に下記の態度を身につけること。

  1. 栄養士としての使命感を持ち、食と栄養の面から社会に貢献しようとする意欲と態度。
  2. 対人コミュニケーションスキルを高めようとする態度。
  3. 自分自身の衛生管理を徹底する態度。
  4. 栄養に関する知識・理論を学び、より深く問題を探求しようとする態度。

入学者受入方針 (アドミッション・ポリシー)

秋田栄養短期大学は、学生の目標の実現に向けた多様な指導・支援のもと、主体的に学ぶ姿勢を高めながら専門性と実践力を育て、そして豊かな人間性をもって職業生活を送ることのできる人材を育成する教育体制を整えている。

本学では、本学の建学の精神と教育目標を理解し、日頃から礼節を重んじ、常に整容を心掛け、将来の目標の実現に向けてひたむきに努力する強く大きな志を持った人を求めている。

本学は、次のような人の入学を期待しています。

 人々と自分の健康づくりに興味・関心をもち、プロの栄養士として自己を高めようとする強い意志を有する人。

 探求心が旺盛で、何事にも積極的に取り組む姿勢がある人。

 保健・医療・福祉・教育などの分野で活躍したい人。

そのため、高校卒業までに高校教育全般における基礎的な知識・技能のほか、口頭や文章による論理的表現力、食に関する幅広い教養、社会性を身につけておくことを求めます。

入試では、上記の資質について調査書、学力試験、面接の結果等により総合的に評価し、合否判定の資料とします。