キャリアデザイン

本学では、勉学・生活・進路の各領域において学生自身が主体的に取り組むことを重視した系統的・統合的な教育プログラムを実践しています。

具体的には、正課の授業のほかに課外に行うさまざまな企画行事をとおして、栄養士としての資質の高揚を図るとともに、自ら課題を発見して解決する能力やコミュニケーション能力など社会人に求められる人間力の育成を目指し、キャリア形成を支援しています。

教育到達目標

本学は、人間教育を重視し、専門職としての意識が高く、責任感と行動力に優れた栄養士の養成をめざしています。このことを実現するために[知識]、[技能]、[態度]に区分し具体的な達成目標を設定しています。


[知識] : 学生は、在学中に以下の事項ができるようになること。

  1. 各科目の基礎的な事項について理解するとともに、他者に説明できる。
  2. 他の科目と関連づけて理解することができる。

[技能] : 学生は、在学中に以下の能力を身につけること。

  1. 理路整然とした文章が書ける。
  2. 口頭で明確に話すことができる。
  3. 文章を読解することができる。
  4. さまざまなリテラシーのスキルを身につける。
  5. カウンセリング能力を身につける。
  6. 調理技術を身につける。
  7. 給食運営に係る技能を身につける。
  8. 献立作成能力を身につける。

[態度] : 学生は、在学中に以下の態度を身につけること。

  1. 栄養士としての教育を受けるためのモチベーションを高めようとする態度。
  2. わからないことを調べたり質問して解決しようとする態度。
  3. 対人コミュニケーションスキルを高めようとする態度。
  4. 異世代の常識を受け入れようとする態度。
  5. 他職種の人たちと円滑なコミュニケーションを図ろうとする態度。

本学のカリキュラムは、以上の教育目標を達成するために体系づけて編成しています。

教育プログラムと主な取り組み

教育目標達成に向けた取り組み

● ゼミナール研究発表会

1年生は基礎演習、2年生ではゼミナールと少人数制の必修授業を取り入れて、課題発見・解決能力やコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などの基礎的な力を育成しています。

ゼミナールでは、個人やグループで研究テーマを設定し、1年間を通じて研究した成果をスライドにまとめ、2月に開催される研究発表会で在学生全員の前で発表します。 メンバーの中には、学内の学生論文コンクールに応募する意欲的な方もおり、とても熱心に取り組んでいます。

● 移動公開講座

本学では、30年間にわたり社会貢献の一環として秋田県内各地に出向いて公開講座を開催してきました。

平成22年度から講義形式にとどまらず、地域の特産品を活用した調理実習を取り入れて実施しています。 実習で用いるレシピは学生が考案したもので、講座にも学生がサポート役として積極的に参加しており、地域の方々からも大変好評です。

本事業は秋田県から私大・短大魅力アップ支援事業に採択されて県費補助金をいただいています。 これまで仙北市(栗)、男鹿市(しょっつる)、鹿角市(淡雪こまち玄米・かづの牛)、大館市(とんぶり)、横手市(寒天)、由利本荘市(フランス鴨・ジャージー牛乳)、秋田市(野菜)、にかほ市(鱈)、能代市(桧山納豆)、湯沢市(三梨牛)、北秋田市(阿仁フキ)とそれぞれのテーマに沿って実施しました。

今後も継続的に取り組み、全県の特産品マップの作成とレシピ集を発行していきたいと考えています。

● 小学生を対象とした体験学習講座

学生自身が主体的に取り組むことを重視したプログラムとして、「小学校低学年を対象とした人体の構造と機能、および人体と食べものの関わりを理解するための取り組み」を実施しました。

主な内容は、身体の内部構造、感覚機能、組織の観察、食べものの働きを学ぶことにより、小学生の食への興味関心を惹起する目的で行われた体験学習講座です。学生が主体となって、計画の立案、準備、講座の実施の全ての過程に積極的に関わることにより、栄養士としての必要な栄養指導の能力を向上させることを目的としています。

この取り組みは、秋田県から私大・短大魅力アップ支援事業に採択されて県費補助金をいただいて実施しています。

● オープンキャンパスにおける模擬授業

学生のコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の育成を目的として、オープンキャンパスにおける模擬授業を、学生が中心となって実施する取り組みを行っています。

平成26年度は「飲み込むことが困難な人の食事(ムース食)」を題材とした、調理実習を行い、平成27年度には子どもに必要な栄養素を取り入れ、さらに虫歯になりにくい食材を使ったロールパンとおやきを作りました。

参加学生は、短大で学習した内容を総合的に理解し、そして、参加者にわかりやすく説明するための工夫や、調理の試作を経て、模擬授業を実施しました。 参加した高校生やその保護者の方々を対象に「教える」という体験をとおして、栄養士としての総合的な実践力を身につけることをねらいとしています。

● 教養講座

栄養・食品・健康をテーマとして学外からその道のスペシャリストを招き、教養講座を開催しています。学生は、先端の研究成果や取り組みを深く学ぶことができる機会としてとらえ、熱心に聴講しています。

平成25年度 郷味新深 城下町角館 四季の食文化
平成27年度 タニタ流バランスの良い食事のコツ
メタボリックシンドロームを予防するライフスタイルの調整