HOME > 栄養学科 > 在学生からのメッセージ

在学生メッセージ


4年制大学と比べて短期集中で学べる。社会にいち早く出て現場が学べる。

学生_SさんSさん   栄養学科2年(御所野学院高校 出身)


中学時代、職業を知る授業の一環で栄養士の方が学校に来て、食塩に関する授業を開いてくれました。そこで食の大切さを実感し、栄養士の仕事に興味を持ちました。その後、中学の職場体験で保育園に行き、給食調理の様子を見て「将来は栄養士として保育園で働きたい」と思うようになりました。この短大は、先輩から話を聞いて授業内容や雰囲気に魅力を感じたことから入学を決めました。
短大は1日の授業数が多いですが、4年制大学に比べて短期集中で勉強するのでやる気が保てます。また、現場に早く出て仕事が学べるので短大を選んで良かったと思っています。現場に出て経験を積み、いずれは管理栄養士を目指したいです。


調理が苦手な人でも基礎からしっかり学べるから安心。成長を実感できます。

学生_TさんTさん   栄養学科2年(新屋高校 出身)


栄養士を志したのは、祖母の存在がきっかけでした。食事から病気の予防ができると聞き、「食」の力に関心を持ちました。この短大の説明会やオープンキャンパスに参加して、調理実習や実験を体験したり、先生や先輩と話をしたりする中で、この学校の授業の面白さや先生と学生との距離が近いことなどが気に入り、迷うことなく入学しました。少人数制なので友人もできやすく、先生にも話しやすいので安心して勉強できます。
私はもともと包丁さばきが得意ではありませんでしたが、「基礎調理学実習」で基礎から食材の切り方を学んだことで上手に包丁を使いこなせるようになりました。


「栄養士」育成の専門的な授業が学べる。確実に力がつく。

学生_CさんCさん   栄養学科2年(大曲農業高校 出身)


「将来は介護の仕事に携わりたい」と思い、介護の勉強をしていたときに「食」の重要性を実感しました。また、高校時代、調理の検定に挑戦したことをきっかけにますます「食」に対して興味を抱くようになり、この短大に進学しました。
短大の授業は専門性が高く、調理の勉強1つを例に挙げても高校時代と当然レベルが違います。調理の基礎はもちろん、「給食運営実習」など実用性の高い授業を入学直後から学べるので、かなりの知識・技術が身に付きました。これからの目標は、就職活動を頑張ること。卒業後は地元である大仙市の介護施設で働きたいと思っています。


友人がすぐにできるアットホームな雰囲気。先生たちとの距離感も学生にとって心強い。

学生_NさんNさん   栄養学科2年(新庄南高校 出身)


祖父の入院がきっかけで栄養士の仕事に関心を持ちました。この短大に入っている先輩たちから、少人数制で先生たちのサポートが手厚く、しっかり勉強できる短大だと話を聞いて入学しました。ふるさとの山形県を離れて秋田県で友人ができるか心配でしたが、悩みは入学直後に消えました。
アットホームな雰囲気なので友人がすぐにできます。また、先生たちがすごく優しく、勉強のことや将来のことなどいろいろ相談に乗ってもらえます。私は今年、「食生活アドバイザー検定」の資格取得と「家庭料理技能検定」に挑戦したいと思っています。卒業後は、関東地区の大きな病院で栄養士として働きたいです。


「食」の知識を将来、スポーツ関係や行政の仕事に役立てたい。

学生_NさんNさん   栄養学科2年(山形中央高校 出身)


小学生の時から続けてきた野球。高校時代には、所属する野球部が甲子園に出場しました。日々練習に打ち込む中、「体が大きくならない」「体調を崩しやすい」など食事面で悩む部員がいたことから、コーチが保護者に食事や栄養のアドバイスをする様子を見て、スポーツと「食」の関係について考えるようになりました。
将来は栄養士になって、スポーツ関係の仕事に就くか公務員として働くことが目標です。栄養学分野は“女子”のイメージが強いかと思いますが、男子学生も楽しく勉強しています。女子と比べて人数は少ないですが男子の結束力は堅く、すごく仲がいいです。栄養士を目指す男子にはおすすめの短大です。


実習を乗り越えた達成感は格別。学びがいのある2年間が待っています。

学生_NさんNさん   栄養学科2年(久慈高校 出身)


家族が高血圧に悩んでいるので、栄養学を勉強して自分がこれから食事の面で家族を支えていきたいと思ったことが栄養士を目指すきっかけでした。短大の授業や実習は、栄養士育成のための専門的な科目が多く、難しい授業もありますが、「いよいよ栄養士になるんだな」と覚悟ができて気合も入ります。特に実習はやりがいがあります。グループで力を合わせて行う給食運営実習は大変でしたが、終わった後の達成感は格別でした。
就職して社会に出た時、多くの方々に信頼されて頼りにされる栄養士になれるよう、卒業まで残りの日々は、授業と実習をこれまで以上に頑張りたいです。


 
Copyright (c)Akita Nutrition Junior College. All Rights Reserved