HOME > 栄養学科 > 特別講座・資格取得

タイトル 栄養士

栄養士資格

栄養士ってどんなところで働いているんだろう?

 栄養士の仕事は、病院や保健所、学校や給食センター、さらに福祉関係施設や保育園などで献立を作成し、その調理や食生活について適宜アドバイスを行います。さらに、その献立に基づいた食材の発注や書類管理を行うことから、その職場の「食」に関わる全ての業務を行う能力が求められます。


 

食アドバイザー資格試験

  栄養士と食生活アドバイザーの複合資格で、栄養バランスだけをみるのではなく、経済面や安全面、環境面など様々な角度から、健康的なライフスタイルを築くためのアドバイスが可能になります。
 受験科目は、本学で学ぶ栄養関係科目の他に流通・外食などの食マーケットや消費経済・消費者問題などの社会生活が加えられます。本学では、隣接するノースアジア大学の教員の協力で上記の社会生活分野科目を開講しています。

社会福祉主事任用資格

  福祉事務所の現業員(ケースワーカー)として任用される人に必要とされる任用資格です。社会福祉施設職員等の資格基準などに準用されています。
 また、社会福祉の基準的な学習をしたことの目処とされ、求人の際に条件となる場合もあります。

4年制大学管理栄養士養成課程への編入可能

 本学卒業後、さらに高度なレベルに進みたいと希望する学生は、4年制大学管理栄養士課程へ3年次編入することが可能です。 希望者には、個人的に実力アップのための指導も行っており、最近では、郡山女子大学、、東京家政大学、聖徳大学、宮城学院大学、松本大学などへの編入学試験の合格実績があります。

Sさん(秋田中央高等学校出身 平成21年度卒業生)
聖徳大学人間栄養学部[管理栄養士課程編入]

 食べ物や食品の成分に興味があり、この短大に入学しました。生活する上でためになる知識を多く身に付けることができました。
管理栄養士という国家資格があることをはじめて知ったのは、短大への入学後です。就職という選択肢もありましたが、ここで学んだことをさらに深く追求したいという思いが強く、編入を決めました。現在の目標である管理栄養士の資格取得へ向けて励み、将来は健康機能食品で研究や開発に携わりたいと考えています。

栄養士と調理師の違い

 本学所定の科目を受講し、単位を認定されると卒業と同時に都道府県知事から「栄養士免許」を受けることができます。学校給食や病院、 社会福祉施設などの多くの集団給食施設は「栄養士をおかなければならない」と法律で定められています。
栄養士は、栄養・食事計画を立て献立を作り、食材の発注、調理、事務作業などの給食を運用する仕事を担当しています。 また、病院で病気の予防や治療のために、患者さんに栄養教育を行ったり、学校で栄養教諭として食育を実施したり、給食を食べる人や地域の人々を対象に食育を行ったりすることも栄養士の仕事です。
集団給食施設では、栄養士のほかに調理師、調理補助員も給食づくりに従事しています。調理師免許を受けている調理師は、栄養士が作成した献立に基づいて料理をつくり、 提供するのが主な仕事です。調理師補助員は栄養士や調理師の指示のもと、調理作業に携わっています。


 
Copyright (c)Akita Nutrition Junior College. All Rights Reserved