HOME > 栄養学科 > カリキュラム

秋田栄養短期大学のカリキュラム。 学校法人ノースアジア大学の運営

 

本学では、栄養士に求められる知識技能態度の3領域それぞれについて、卒業時における学生の到達目標を設定しています。


講義」、「実験」、「実習」のほか、 少人数制の「基礎演習」・「ゼミナール」、さらに学外における実習や見識の拡大をねらいとする 各種「教養講座」など多彩な学習形態を取り入れたカリキュラムにより、系統的かつきめの細かい教育を目指しています。

科目には必修科目と選択科目があります。必修科目は卒業するために必ず取得しなければならない科目であり、選択科目は各自の目的と興味に基づいて履修する科目です。また、必修科目と選択科目の中には、栄養士資格を取得するために必要な科目(栄養士資格必修科目)も配置しています。

 

カリキュラムの特徴

多彩な実験・実習・演習

栄養士として経験が必要な実験・実習・演習を豊富にカリキュラムに取り入れており、高度な技能を体得できます。また、学んだことを体験的に深めることにより、理解をより確かなものへと導きます。実験経験や調理経験のない人でもスムーズに実技が身につけられるように、導入として基礎実験や基礎調理学実習を開講しているほか、献立作成能力を高める演習なども充実しています。

 

特色ある基礎演習・ゼミナール

カリキュラムの特徴の一つに「基礎演習」と「ゼミナール」という演習科目があります。これらの演習は、担当教員によるマンツーマンに近いきめ細かい指導のもとで、学生が自ら課題を発見し、解決する能力を身につけていくことをねらいとしています。年度末には「ゼミナール研究発表会」を開催して、全学生の前で研究成果を発表する機会を設けています。

 

校外実習の充実

給食運営の技能をより確実にするため、2年生の夏休みを利用して校外の給食施設で実習を行います。必修で2週間、さらに選択で1週間の校外実習をとおして複数の現場を体験することにより、知識の確認とともにより実践的な技能を磨くことができます。このほか、1年生の春休みには課外にインターンシップ(職場体験ボランティア)を開設し、栄養士に求められるコミュニケーション能力の育成を図っています。

 

情報処理能力の向上

栄養情報処理演習や給食運営関連科目では、現場の栄養士業務で求められるパソコンを用いた栄養価計算や給食運営実務ソフトの活用法、データの統計解析手法などを習得します。また、情報処理演習では、栄養士の実務に必須であるWordやExcel、Power-pointの活用法を習得し、文書管理、表計算、プレゼンテーションの能力を磨きます。

 


 

開  講  科  目  一  覧

基礎教育科目 専門教育科目

文章表現法

心理学

法学

食と文化

化学

有機化学

生物学

英語A

英語B

体育理論

体育実技

キャリアサポートI

キャリアサポートII

キャリアサポートIII

基礎演習I

基礎演習II

[社会生活と健康]

公衆衛生学

社会福祉概論

[人体の構造と機能]

解剖学

生理学

生理学実験

生化学

病態生理学

運動生理学

[食品と衛生]

食品学総論

食品学各論

食品学実験I

食品学実験II

食品衛生学

食品衛生学実験

[栄養と健康]

栄養学

栄養学実験

応用栄養学I

応用栄養学II

応用栄養学実習

臨床栄養学I

臨床栄養学II

臨床栄養学実習

[栄養の指導]

栄養指導論I

栄養指導論II

栄養指導実習

栄養情報処理演習

公衆栄養学

[給食の運営]

調理学

基礎調理学実習

調理学実習I

調理学実習II

給食管理論

給食運営実習I

給食運営実習II

校外実習概論

給食運営校外実習I

給食運営校外実習II

[学科基礎科目]

栄養学入門

食糧経済

基礎実験

情報処理演習A

情報処理演習B

情報処理演習C

情報処理演習D

ゼミナール
 (卒業試験を含む)

印は栄養士資格取得のための必修科目   印は選択科目

◆  シラバス2016年 入学者(前期)(後期2017年 入学者(前期)(後期

 
卒業に必要な最低単位数

栄養学科を卒業するためには、
「基礎教育科目」10単位以上、
「専門教育科目」52単位以上、
合わせて62単位以上を修得する必要があります。
(単位数は科目によって異なります)


基礎教育科目

必修科目 3単位

選択科目 7単位

専門教育科目

必修科目 24単位

選択科目 28単位

卒業単位数

62単位

 

 

授業 ピックアップ

生理学講義

  •  生理学  担当/ 廣川 忠男

お腹が空けば食事をする。のどが渇けば水を飲む。 ふだん何気なく繰り返しているこれらの行動も、脳にある食欲・飲水の中枢のほか、体内における情報の受容と伝達など多様な生理的機構が関係して誘起されています。 生理学では、ヒトの体内におけるこのような生理現象が、どのようなメカニズムで行われているのかについて学んでいきます。 知れば知るほど、人体の仕組みの巧妙さには驚くことがいっぱいです。



臨床栄養学I・II

  •  臨床栄養学I・II  担当/ 廣田 由利

健康で幸福な生活を送るには、運動、休養、精神の安定はもとより適正な食事をとることが重要です。 近年、臨床栄養学の進歩により栄養問題を抜きにして疾病の予防や治療効果を期待することができなくなっています。 「臨床栄養学」は病気と栄養状態の関係を基に、栄養管理計画および実践ができることを目標にしています。 特に、内分泌系、循環器系及び腎臓などの疾患の病態さらには実際の臨床現場に応じた食事計画ができるよう学習していきます。



栄養指導実習

  •  栄養指導実習  担当/ 伊藤 千夏

「栄養指導」とは人々の食生活をより望ましいものにするために支援することです。当実習では、栄養指導論で学んだ理論を展開し、実際に栄養指導を行うために必要な方法を学びます。 幼児や大学生、中高年者など栄養指導の対象者を具体的に設定して、対象者に合わせた栄養指導計画を立案。 さらに教材・媒体を作成し、指導案に基づいて栄養指導を実施して指導の内容や効果などを評価するという、栄養指導の一連の流れを実習します。



給食運営実習I・II

  •  給食運営実習I・II  担当/ 工藤 友子

対象者の健康増進やQOLの向上と栄養教育を目的に、安全で質の高い食事を提供するために、給食運営管理論等で学んだ専門的知識や技能を活用して実習します。 栄養アセスメント、献立作成、食材の発注・管理、「大量調理施設栄養管理マニュアル」に即した調理や衛生・安全管理、記録の保管、食事調査・評価等、給食に関わる運営全般の実践能力を高めるよう支援します。



 
Copyright (c)Akita Nutrition Junior College. All Rights Reserved