HOME > 大学案内 > 沿革

秋田栄養短期大学の沿革。 学校法人ノースアジア大学運営

 

1951(昭和26年)9月秋田短期大学設置期成同盟会結成
1953(昭和28年)1月学校法人秋田短期大学設置認可
4月秋田短期大学開学
秋田短期大学附属高等学校開校
1954(昭和29年)4月秋田短期大学に家政科を増設
栄養士養成施設指定認可、教職課程設置認可
1955(昭和30年)4月秋田短期大学に専修科増設
1957(昭和32年)4月秋田短期大学附属幼稚園開園
12月秋田短期大学「論叢」(創刊号)発行
1958(昭和33年)8月秋田短期大学家政科、保母試験科目の一部科目専修指定認可
1959(昭和34年)4月秋田短期大学専修科廃止
1960(昭和35年)10月秋田短期大学雪国民俗研究所開設
1961(昭和36年)1月秋田短期大学経済研究所設置
1964(昭和39年)1月秋田経済大学設置認可
4月学校法人秋田短期大学を学校法人秋田経済大学と改称、同大学経済学部開学。秋田短期大学は、継続存置となる。高等学校、幼稚園の名称は、秋田短期大学附属から秋田経済大学附属へ改称。
1965(昭和40年)4月秋田短期大学家政科の定員増認可(入学定員150人)
1966(昭和41年) 4月秋田短期大学家政科(保育コース併設)
1969(昭和44年)4月同家政科(生活経営コース併設)
1983(昭和58年)1月秋田経済大学に法学部設置認可
4月 学校法人秋田経済大学を学校法人秋田経済法科大学と改称、同大学法学部開学。高等学校、幼稚園の名称を、秋田経済大学附属から秋田経済法科大学附属へ改称。キャンパスを秋田市茨島から同市下北手の新校舎に移転。
1984(昭和59年)4月秋田経済法科大学附属さくら幼稚園開園
1989(平成元年)4月秋田短期大学家政科を生活文化学科に改称
1990(平成2年)4月秋田短期大学生活文化学科を生活文化専攻と食物栄養専攻に分離、男女共学化、教職課程を廃止
1996(平成8年)4月秋田県大館市に秋田桂城短期大学開学
1996(平成8年)12月秋田短期大学商経科の定員増認可(入学定員80人)
1997(平成9年)4月秋田短期大学を秋田経済法科大学短期大学部に名称変更
2001(平成13年)4月秋田経済法科大学短期大学部商経科を商経情報学科に、生活文化学科生活文化専攻をライフデザイン専攻に名称変更
2005(平成17年)4月秋田経済法科大学短期大学部を秋田栄養短期大学(栄養学科)に改組
秋田桂城短期大学を母体として秋田看護福祉大学を開学
2007(平成19年)4月法人名を、学校法人ノースアジア大学と改称、秋田経済法科大学をノースアジア大学に名称変更
2008(平成20年)4月ノースアジア大学法学部に観光学科を開設
2013(平成25年)4月学園創立60周年記念式典を挙行
2015(平成27年)4月ノースアジア大学附属のびのび幼稚園・保育園を幼保連携型認定こども園 ノースアジア大学附属のびのびこども園に変更
2017(平成29年)4月秋田看護福祉大学 秋田キャンパス開設  現在に至る。
 
Copyright (c)Akita Nutrition Junior College. All Rights Reserved